Wir verwenden Cookies, um zu verstehen, wie Sie unsere Website nutzen, und um die Benutzerfreundlichkeit zu verbessern. Dies beinhaltet die Personalisierung von Inhalten und Werbung. Mit der weiteren Nutzung unserer Seite akzeptieren Sie die Verwendung von Cookies, die Datenschutzrichtlinie und die Nutzungsbedingungen Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration 0:00
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
326 views • May 25, 2022
video privacyUnlisted

【米国思想リーダー】欧米は中国式全体主義を導入?

新型コロナの感染拡大が始まってから、アメリカを含む欧米政府はロックダウンやワクチンの義務化、ソーシャルメディアの検閲を進めている。「緊急事態」の名のもとで、官僚主義が膨張し、かつてないスピードで人々の自由が奪われている。民主主義の手本とされてきた欧米で、なぜこのような事態が起こるのか。人権の観点から、政府のやり方は正当化できるのか。中国式のコロナ対策を導入する欧米国家に対し、デストロ氏は「専制政治への第一歩だ」と警鐘を鳴らす。パートIに続き、カトリック大学法学教授で元国務省次官補のロバート・デストロ氏に話を聞いた。
Comment 0