We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, revised Privacy Policy and Terms of Use.
  • 0 views
  • Edit

『三字経』第9単元 信義に背いた虞孚(ぐふ)の末路

2018-02-01 01:03
曰 水 火   木 金 土 yuē shuǐ huǒ mǜ jīn tǔ 曰(いわ)く水火 木金土 此 五 行   本 乎 數 cǐ wǔ xíng běn hū shù 此(こ)の五行 数に本(もと)づく 曰 仁 義   禮 智 信 yuē rén yì lǐ zhì xìn 曰く仁義 礼智信 此 五 常   不 容 紊 cǐ wǔ cháng bǜ róng wěn 此の五常 容(まさ)に紊(みだ)るべからず 《解釈》 水火木金土とは俗に言う五行で、これら5つの元素は万物の源でもある。また五行は相生(そうじょう)と相克(そうこく)の性質を併せ持つ。五常とは仁義礼智信の5つの徳を指し、皆が守るべき規範である。もし五常に背けば、大変な報いを受けるだろう。